FC2ブログ

医者いらず(木立ちアロエ)

南房総・常春のボギ里では、今の時期はいたる所でキダチアロエが花盛りです。地元では、このキダチアロエを医者いらずと呼んで、大切に育てています。さて、ネットにはこの花の写真がいっぱいありますが、このアングルの写真はほとんど無かったので、遊びのつもりで撮ってみました。普通に「横から」「真上から」「真下から」「花」は6弁が合着した管状で、一つの雌しべに六つの雄しべがあります。...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の4 「演歌人生」

昭和61年に発売し、ファンの中では名曲との評価の高かった「演歌人生」デビュー後10年間はヒットに恵まれず、色々と苦節の時期を過ごしていましたが今年3月には、31歳年下の一般女性と結婚し、この歌の歌詞を地で行ってるようで酸いも甘いも知る人生は、正に演歌人生ですね。歌手生活50周年を迎えている。冠二郎さんのリメーク曲32年の時を経て今年3月に再リリースした曲です。...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の4 「夕月」

先日、まだ薄明るさが残る夕刻、西の空にきれいな形の夕月が懸かっていました。(夕月は夕方の月で、三日月の事をそう呼ぶことが多いとの事です。)夕月を見て、すぐにこの歌が口からこぼれ出ました。この歌も我が青春の一曲です。同名の映画「夕月」での黛の相手役は、一般公募の森田健作氏(現千葉県知事)でした。1968年発売の黛ジュンさんの曲で、作曲は実兄の三木たかし氏です。如何にも日本的なメロディーが素敵です。私がフ...

続きを読む

この時期にイチョウに新芽が!

例年であれば☝の写真のように、黄葉の美しいイチョウの木ですが、今年は台風の塩害で、葉が枯落ちて見るも無残な光景に生っています。そんな枯れたイチョウの木に、新芽が芽吹いています。暖秋・暖冬のためなのでしょうか?他にもボギ里では、桜が咲いた、ツツジが咲いた、カマキリの卵が孵ったなどこの時期には無い現象が見られます。...

続きを読む

晩秋の磯に咲く黄色の花

晩秋から初冬にかけて、海岸沿いの磯や岩場・崖に咲く野生的な黄色い花を3種。イソギク (磯 菊)  ☟イソギク(磯菊)の名前のは、磯や岩場・崖に咲く菊というところからに由来しています。この花は園芸品種化され、花が小さい事から菊人形の着物にも良く使われています。ツワブキ(石蕗、艶蕗)  ☟冬にも緑の艶のある葉を持っており、今頃菊に似た黄色い花を咲かせます。この葉はフキと同じように食用にできます。ただフキよりも...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の4 「愛子のソーラン節」

演歌には寂しく切ない歌が多いのは否めませんが、元気で明るい歌も数多くあります。この歌もその一つで、全国で流行っている「よさこいソーラン」でも使われてるようです。さて、合成画のこの漁船は、ニシン船ではありません。ボギ里地元の巻き網漁船です。一見単純な2枚合成のようですが、この夕焼けの海には5枚の写真を合成しています。2005年発売の坂本冬美さんの「冬美のソーラン節」を2010年に森山愛子さんが、カバーした曲...

続きを読む