磯の鵜の鳥

切り立った断崖と荒波が打ち寄せる海で囲まれた、磯の先端部にウミウが羽を休める岩場がある。そして、その背後一帯の崖は人も近づけず、多くのウミウたちは安心して過ごせるコロニーです。ここは少し違って、港の沖合いに設置してある消波ブロック(テトラポット)です。ここも海鵜達にとっては安全地帯です。実はウミウは渡り鳥で、春は北海道など北方沿岸部で過ごし、秋は越冬のために本州沿岸部に飛んできます。でも、ボギ里の...

続きを読む

春撮り 早春の草花

春の木に続いて春の草花でお目のお汚しをば・・・(#^.^#)春の色の黄色は、野山に春の訪れを知られてくれます。代表は菜の花とこのタンポポでしょう。この写真のタンポポは、今ではあまり目立たなくなった「関東タンポポ」です。タンポポの周りに咲いている、この青い小さな花は・・・かわいそうな名前の「オオイヌノフグリ」ピンクの花も地味な「ヒメオドリコソウ」。オドリコウソウニに姫が付いたのに何故か可愛くは・・・(´・_・`)...

続きを読む

春撮り 春の木

東京の桜の開花宣言が昨日ありましたね。  ボギ里にも春が来ています。カメラ片手に、春をさがしに散歩を楽しみました。何桜かは解りませんが、この桜の木は満開でした。 写真にはありませんが大島桜はもう葉が目立ってます。河津桜はすっかり葉桜になっていましたが、その中に名残おしそうに、一枝だけ桜が咲いていました。梅の木は花は終わり、今度は葉っぱの新芽が膨らんでいます。よく見ると終わった花には小さな梅の実が。...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・新二郎編  「そして そして そして」

新二郎さんがカバーしている歌の歌詞絵を作るのは、本当に久しぶりです。新二郎ファンとしては申し訳なかったのですが、ここ最近の新二郎さんの歌う曲が、ド演歌ジジイとしましては、ジャンル的にも作画的にも難しく・。敬遠がちになっていました。(汗)でも、この歌は気に入りました。(^∇^)  でも歌手の寺本圭佑さんは・・・全く知りませんでした。(;д;) この歌を歌っている寺本圭佑さんは、33歳までサラリーマンをして...

続きを読む

青くないのに、アオジ

地上にいて近づくとすぐに藪に逃げ込んでしまうアオジは、いつも背中から見ているためだったのか?こんなに鮮やかな黄色い小鳥だったとは、知りませんでした。じゃ何でアオジ(青鵐、蒿鵐)か調べてみました。 漢字表記の「蒿」はヨモギの意味だそうです。メスの成鳥は上面が緑褐色の羽毛で覆われる。と書かれていました。この写真も少し頭は緑っぽいナ。...

続きを読む

イソヒヨドリ VS ヒヨドリ

我が家の小さな餌置き場にも、数種の野鳥が来ると以前に書きましたが、ここにも生存競争があります。中でも、同じ餌を食べるイソヒヨドリとヒヨドリは、激しく餌の奪い合いをします。動画で撮って編集すれば、皆様にお見せする事もできるでしょうが、一日中見張っている訳にも行かず・・・、写真でもタイミングの悪さ等と、私の写真技術で無理でした。...

続きを読む