今季初の昆虫撮集

春の嵐も長雨も一段落して、暖かい(と言うより暑い)日です。横着になってしまった重い腰を上げて、虫探しに出かけて見ました。里はもう初夏の様子です。 早くも麦わらトンボが飛んでいました。蝶も数種類確認出来ました。でもまだ、バッタは幼生です。 春と初夏と真夏とごちゃ混ぜの野原でした。...

続きを読む

紫鷺苔(ムラサキサギゴケ)

小さな公園のグランドの一部が、薄い紫色に染まっています。気を付けなければ気づかず踏まれている雑草の、ムラサキサギゴケの群生です。コケという名前がついていますが、コケではありません。ハエドクソウ科の多年草です。 上から見るとこんな感じで目立ちませんが、アップや横から見ると可愛い花です。さらにアップで見ると、これまた可愛いきれいな花でした。...

続きを読む

モミジが花盛り

モミジといえば、紅葉を楽しむものと思われがちですが、実は花も咲くのです。モミジの花は、赤く小さな花で可愛らしい花です♡。 ただ・・近くから見た場合で、遠くからではチョッとゴミみたいです。(;д;)モミジの花には、雄花と雌花があるらしいのですが、・・たぶんこれが雄花!そしてこれが、雌花。そして受粉すると、こんなブーメランのようなプロペラのような実を付けます。そんな、派手な紅葉に比べ、春に開花するモミジの...

続きを読む

田植えが始まりサギ類が

ボギ里では田んぼの植代掻きも終わり、いよいよ田植えが始まりました。この頃になると、少なかったサギ類がどこからとも集まり、田んぼがにぎやかになります。白いサギには、コサギ・チュウサギ・ダイサギなどが居ますが、遠くからでは判別が難しいです。アオサギは一年中見られますが、群れになるのはこの時期だけ?? この群れには親子が居ます。何故なら、まだ餌を口移しで与えていました。私が脅かしたのか、臆病なのか車から...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の4 「富士」

最初は、日本一の富士山の雄大さと美しさを歌う、歌かなと思っていました。聴いてみるとまったく別物で、夫婦の信頼と絆と大きな愛を歌った歌でした。もともと人生の教訓のような、名言などを歌詞にするのは好まないのですが、男の意気地や夫婦の絆を歌った歌は好きなのです。“えん歌の申し子”と言われ、15歳でデビューした島津亜矢さん2007年の歌です。艶と張りのある声と抜群の歌唱力で歌うこの歌は、亜矢さんならですね。フル...

続きを読む

黄色の花を咲かせる桜

黄色い花の桜。その名前は「鬱金桜(ウコン桜)」と言い、別名として「黄桜」とも言われる桜です。咲きはじめは黄緑色の花でやがて薄黄色に、そして盛りを過ぎると赤味を帯びてピンク色に変わります。ソメイヨシノやその他の桜が終わる頃から咲きはじめ、最後に桜花を楽しめる桜です。...

続きを読む