彼岸花に揚羽蝶

彼岸花には毒があるため、虫や小動物は近づかない。 と言われていますが・・!チョウは別物なのでしょうか、この日も入れ替わりつつ三種のアゲハチョウが飛来していました。一番多かったのが、この黒いアゲハチョウ。 「クロアゲハ」でしょうか。他に、あまり黄色い紋ではないのに「モンキアゲハ」と、黒い筋の黄色い蝶「キアゲハ」の三種類です。...

続きを読む

彼岸花です

彼岸花は全草有毒なので、ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物が毒を嫌って避けると言われ、日本では古くから、水田の畦や墓地に多く見られますね。でも真意はどうか?最近は、園芸用・観光用に群生栽培されている所も多いですね。ボギ里も最近群生させている所もあるようです。 一本で佇む彼岸花も良い雰囲気ですよね彼岸花豆知識◎有毒成分は水溶性で、長時間水に曝せば無害化でき、戦時中は非常食にされたこともあるそうです...

続きを読む

キバナコスモスにアカタテハ

キバナコスモスに**蝶の三種類目です。 一時間ほどでこれだけ飛来しました。ボギ里でのアカタテハは、ほぼ一年中見れますが成虫で冬を越すため、春先のこのチョウは翅の一部が破れて、綺麗な形で見れない事も多いです。この固体は、成虫になって間もないのでしょう、綺麗な形の翅でした。...

続きを読む

キバナコスモスにクロアゲハ?

義妹宅の庭に咲くキバナコスモスにも、色々な蝶が寄ってきます。中でもアゲハチョウ系が多いです。このチョウは尾状突起が短いので、タイトルにクロアゲハと書きましたが、短いと思っていたのは、破れているのかも知れず。 もしかしたら・・・オナガアゲハかも知れません。4枚の写真は、同一固体です。...

続きを読む

キバナコスモスにミスジチョウ

濃茶色地に三本の白い帯を持つタテハチョウの仲間です。この三本の白い帯が水兵さんのセーラー服の線に似ている事から、英名はSailorだとか。ミスジチョウには、他にコミスジ・ホシミスジといます。ホシミスジは区別出きますが、コミスジは少し難しいです。...

続きを読む

スイレン池のバッタ

スイレン池のスイレンの葉っぱが、虫食いだらけになっていました。十中八九、犯人はこいつでしょう!なぜなら我が家のホテイアオイの葉を食い荒らした奴ですから。良く見ると、あっち葉っぱにもこっちの葉の上にも、居るわいるわ! オンブバッタの大群でした。こいつは、淡褐色のオンブバッタか?スイレンの花の中まで進入していました。何故か夜行性のこのオカメコウロギもスイレンの葉の上に? ほかにも沢山草があるのに・・?...

続きを読む