お前さんも糖尿病か?

我が家の菊芋の花に飛来した、ツマグロヒョウモンとアカタテハです。キクイモ(菊芋)は菊に似た花をつけ、地中に芋(塊茎)ができる草丈の高い植物です。菊芋の主成分のイヌリンは、天然のインスリンと言われ、血糖値が上昇させないと言われている。でも、厚労省は否定している(;д;)  だけど私は菊芋を植えて収穫・食している(汗)☟ 自然界で多くの戦いを生き抜いて来たような、ボロボロの羽をしたアカタテハです。☟ 菊芋...

続きを読む

上から下から横から撮る

真昼の山道にヒラヒラ飛んで居るので蝶かと思いますが、蝶ではなく蛾の仲間です。この蛾は頭が赤く、体と羽は黒色で羽の先には白い帯がある。飛んでいる時この白帯が目立ちます。薄暗い林道でよく見かけましたが、木々の多い街中でも最近は見かけます。そんな「ホタルガ」が我が家の窓に張り付いていたので、上から下から横から撮ってみました。ガラスから柱に移動した所を、横からとアップで。...

続きを読む

トンボはなぜ竿の先にとまる

秋になると、トンボはよく竿先に止まるようになるが、なぜだろう?と調べてみた。トンボは変温動物で、寒いと太陽の光を浴びて体温をあげなくてはならない。その際に、できるだけ広い面積に日光を当てるのと、日光の角度を調整しやすい竿の先のような場所に止まる必要があると言うことだった。ふ~ん・・本当かなぁ?いろんな向きに止まっているけど!...

続きを読む

どうした?セグロセキレイ

真夏のように暑い日の金属屋根の上に、セグロセキレイがうずくまっている。 どうした? 何があった? 暫く見ていたが動こうとはしない?時間切れでその場を離れなくてはならなかったが、気がかりな出来事であった。...

続きを読む

プルメリアが咲いた!

知人の家のプルメリアが咲いた! 購入してからもう何年も咲かなかった苗木は1.5m程に成長している。それが今年初めて咲いたと言う。 真夏の7・8月には咲かず、この秋の10月にだ。秋が来たかと思えばまた夏日の変な陽気だ。 この天候の不順?が原因なのだろうか?...

続きを読む

昆虫の宝石の仲間・ハンミョウ

マンガの神様と評された「手塚治虫」。治虫(おさむ)は、甲虫のオサムシになぞらえてつけたとか。その甲虫のオサムシ科に属するのが、このハンミョウで美しい金属光沢の甲虫です。私が昆虫を撮影し出したのは、この金属光沢に魅せられた事にもあります。もっともいまだに最大目的の、昆虫の宝石と呼ばれる玉虫には遭遇できていません・・・(泣)...

続きを読む

秋・山の恵み

ほんの一週間ほど前までは、夏日夏日と騒いでいたら急に肌寒くなり、秋が一気にやって来ました。秋の山歩きでの楽しみは色々ありますが、秋の味覚の探索も楽しみの一つですね。柿・栗は里にもありますので、今回はアケビが私の目当てです。 キノコは自信が無いので採集しません(汗)胡桃の実もそろそろ取り頃でした。...

続きを読む

南蛮煙管(ナンバンギセル)

やっと見つけました。 ナンバンギセルとは、ススキ、サトウキビ、ミョウガなどの根に寄生する植物です。花の形が南蛮煙管に似ていることから、この名前がつけられとか。さほど珍しい植物ではないのですが、見つけるのが大変な花でもあります。深いススキなどの根元にあって、花が咲くまで姿がほぼ見えなく、開花時期にいきなり花を咲かせます。ところで、南蛮煙管とは南蛮人と言われた外国の船員がくわえていた「マドロスパイプ」...

続きを読む

○○は高い所がスキ

昔からXXとOOは高い所が好きと言われていますが、猛禽類も良く高い所に止まっていますね。こいつも一応は猛禽類の仲間なので、高い所が好きなのでしょう、でも、私はあまり好きではないです。大きさも顔付きも悠々と飛ぶ容姿も申し分無いのですが、食性が・・・死骸を食べたり、ごみ漁りですので。自宅の窓から撮ってます。 だいぶ遠くです。なんとか見れる程度に、大きくトリミングしてあります。 画像は粗く汚いです(´・_・`...

続きを読む

バッタです。

キリギリスの仲間とは違います。同じバッタ目ですが、バッタはバッタ科でキリギリスはキリギリス科で、詳しくは検索してみて下さい。脚と触角が長さや、耳の位置が菜度が違います。☟ さて、「クルマバッタ」に出会いました。トノサマバッタよりは小さいです。☟クルマバッタの褐色型かと思いましたが、どうやら「ツチイナゴ」のようです。☟ それではこいつはと・・・どうやら「クルマバッタモドキ」のようです。顔付きは怪獣ですね...

続きを読む