歌イメージ合成写真 (だから言ったじゃないの)

昭和33年、松山恵子さんが歌って大ヒットになった歌です。「あんた泣いてんのネ」は今ならさしずめ流行語大賞になったくらい、巷では流行したそうです。私も今までは親が歌っていたこの歌を、「あんた泣いてんのネ」と言うタイトルだと思っていました(汗)今回の加工は、無料写真素材のモデルさんの顔で、悲しそうな顔を捜すことからはじまり(一部分を使用)その目をうるませ、涙を描き足すことが目的でした。そして今回の歌は...

続きを読む

歌イメージ加工写真 108最終回 (ど演歌えきすぷれす)

           !最終目標曲数108曲達成!          2008年12月14日、他愛もない一枚の写真に文字を入れた拙い加工が始まりでした。あれから4年と5ヶ月、加工技術の進歩はともかく、最後まで続けられるとは思いませんでした。そして今回の最終曲は、このコーナーにふさわしいこの曲に決めてました!「ど演歌えきすぷれす第一番」です。ただ気負った割には、加工は最終回にふさわしく無い今までの加...

続きを読む

歌イメージ加工写真 106 (無情の夢)

ある友人からのリクエストと言うか挑戦と言うか、この歌のイメージを作ることになりました。昭和10年7月(もちろん私は種にもなっていませんよ・笑)元々はクラシック歌手の児玉好雄が歌った「無情の夢」と言う、クラッシック調の歌謡曲です。そんな古い歌ですので、私も格調高く和服を着て参加しました(笑)そして、できたのがこんなイメージ画です(汗)月の中の女性のイラストは、外国人へのお土産用の絵葉書でそれを複写し...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 105 (君恋し)

今回の合成は前回の絵(夜霧の慕情)と同じで、女性の顔のCG合成に挑戦する事が目標でした。難しい(笑)始めにこの歌をイメージした時、私の中では都会のイメージが湧いたのですが、田舎に住んでいると、このような都会のそれも夜景写真を撮ることなどはできないので、背景も頂き物です。私が使用している写真加工用のソフトの中に、写真効果ータイムマシンというものがあります。使った事は無かったのですが、数種類の中から初期...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 104 (夜霧の慕情)

目標数まで後5曲。作りたい歌は数あれど、手持ちの写真の少なさとイメージ・アイデア欠乏症で苦戦中です。この歌も大好きで、夜霧の風景写真が撮れたなら作ろうと思っていましたが・・、そのチャンスはなかなか・・。で、夜霧を加工で造って見ました。イメージどうりには作れません(汗)もう一つの挑戦は何時もの事ですが、友達の女性の写真の顔の改造です(笑)これも何回やっても難しいです。石原裕次郎の歌は音痴の私にも歌え...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 103 (さすらい)

この歌の題名を聞いて、ン?と一瞬思う年配の方も多いと思います。「さすらい」と言う題名で、数曲発表されていますね。曲を聴けば「あぁあの曲ね!」と直ぐに解る曲です。なかでも、克美しげるの名曲「さすらい」と小林旭 が歌う「さすらい」が個人的に両横綱でしょうか?両方とも名曲なのですが、今回は小林昭さんの歌でイメージしました。今回の加工は黙っていればわからないのですが(汗)朝焼けの砂浜を夕暮れの砂浜にイメー...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 102 (ロンリーチャップリン)

この歌が発売されてから・・・もう25年になろうとしているんですね。(歳もとるはずだ・・)当時はボギパパの最盛期だったなぁ・・いやいや何を言いますやら今でも最盛期ですよ・・大勢の仲間たちと大騒ぎしながら、良く遊んでたバブルが懐かしいですねぇ(笑)さて、この歌の情景は難しくて何度も作り直しましが、最後は自分の独断と偏見になりました(汗)車両の中から外を写した写真。その外景色を入れ替え、友達の女性を入れ...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 101 (おんなの海峡)

冷たい北風が生ぬるい南風に変わりました。寒冷前線が通過中です。今日は少し荒れるでしょうか?こんな日は部屋に閉じこもり手持ちの写真を編集加工して、いつもの歌詞イメージ写真を作るのが良いでしょう。でもねぇ、こんな天気の日はどうしても気持ちも暗くなり、脳裏を過ぎる歌も暗くなります。この絵は、地元の岬の一部を望遠で撮り、対岸の山並みを引き付け海峡に見立てたものです。雪降る海峡を行く船・・・見送る人。いかに...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 100 (昭和浪漫)

このシリーズの最終目標は何故か煩悩の数の108曲なのですが、今回は節目の100曲目をこれにしました。貧しかったけど楽しかった、不便だけど誰も愚痴をこぼさなかった、そして未来に大きな夢を見た・昭和時代。人生の前期中期を過ぎ、後期に入った団塊の世代には、戻りたくても戻れない夢の中の昭和ですね。今時こんなジオラマと、こんな人形が展示されているところがあります。色々撮って合成してみました。歌は「昭和浪漫」...

続きを読む

歌詞イメージ加工写真 99 (涙の最終列車)

歌の世界では失恋での別れのシーンが多くありますが、中でも港の別れシーンと並ぶのが夜汽車のシーンですね。たまたま夜の駅構内の写真を撮ったのですが、色々な歌が浮かんできました。あまり大昔の歌も(笑)この現代的な構内の写真に似つかなく、少し昔(それでも大昔・汗)の歌にしました。加工合成は、簡単な切り抜き張り合わせそして、スポットライトを入れただけです。そんな曲です。八代亜紀さんの「涙の最終列車」。出だし...

続きを読む