歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「出船桟橋」

正直・・、この曲は全く知らない曲でした。この歌の歌手の方も知りませんでした(汗)後日作成予定でした「君津・木更津・君去らず」と言う歌のA面カップリング曲と言う事で聴いてみたところ。ボギ里の南、房総半島の南端の市「館山市」にある大桟橋がイメージに浮かび、一気に作る事ができた合成写真です。     オリジナル歌手の椎名佐千子さん、        少し調べてみたところ千葉県旭市出身でした。そんな...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(抱擁)

1969年に「熱海の夜」でデビューした箱崎 晋一郎さん、この「抱擁」もムード歌謡の定番のロングセラー曲としてヒットしましたが、惜しくも彼は1988年肝臓癌で他界しました。その後、彼の奥様である箱崎幸子が、歌手デビューし平成6年この「抱擁」を歌っています。(心情を歌う歌詞の歌の背景は、イメージでしか表せないので苦労します。 女性の目を閉じさせました、これも難しい・笑)            ムード歌謡と...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(恋唄綴り)

1989年堀内孝雄さんが麻生詩織さんへ提供した曲を、堀内孝雄さん自身が1990年に発表したシングルです。麻生詩織さんより、レコード大賞・有線大賞などを受賞した堀内孝雄の歌が有名になった歌です。前々から作りたかった歌詞絵ですが、この歌の雰囲気にあった情景が浮かばなかったので、延びていました。歌詞絵作りも400曲を超えると、作画のアイデアに妥協が出てきます(大汗)で・・・妥協してこんな画です。        ...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(どうしているかい)

巡恋歌のようなアップテンポなラブソングも良いのですが、同じ35年ほど前の歌では、こんな歌の方が好きでした。橋幸夫・西郷輝彦さんと共に御三家と呼ばれた。舟木一夫さんのあまりヒットしなかった歌です(汗)ヒット曲が遠のいた頃、橋さん西郷さんは俳優や実業家の道に舵を切ったのに、舟木さんは歌一筋でしたね。そんな舟木さんには、ヒットはしなかったけれど良い歌がたくさんあります。(この歌詞絵のシチュエーションは、...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(巡恋歌)

私元来、ロック系・ポップス系やアイドル系等の曲は、得意(好き)としていない者ですが、全てではなく、この歌のようにいい歌はいいと愛唱もしています。彼の「乾杯」「とんぼ」もいいですね。ただ・・いまいち今時の若者の歌の歌詞が、ピント来ないのも確かです(汗)・・巡恋歌とはめぐる恋の歌なのでしょう。( この様な歌詞の歌は、歌の背景の情景を想像する事が難しいです。今回の感じでいいのか??でした。)      ...

続きを読む

イメージ加工合成写真・第2章の2 (ふたりの大阪)

今はすっかり歌わなくなった(相手がいなくなった・汗)デュエット曲。今の時代にもあるのかと調べてみたら、何とあるわあるわ!我には理解し難い英語・カタカナの曲がいっぱいありました。ある意味良かった・・がんばれ!我々世代のデュエット曲は、東京ものでは「銀座の恋の物語」「東京ナイトクラブ」等が定番で、大阪ものでは「浪速恋しぐれ」そしてこの「ふたりの大阪」が代表格ではないでしょうか。時代の流れを歌で感じます...

続きを読む

イメージ加工合成写真・第2章の2(ブルー・ライト・ヨコハマ)

私が若かった頃、当然ナビもアクアライン無かった時代、横浜まで3時間程かけて車を飛ばし遊びに行きました。その時、横浜ベイブリッジを通過する際には、必ずこの曲をかけて走った事を思い出します。今、そんな行動力・元気は全く無いです。歳をとると言う事はそう言うことなのですかね・・。まったく情けない。当時の歌を聞いて懐かしむばかり・・か。 否いかん、もう一っ走りする気持がなくちゃね(笑)( 画は写真素材の組み...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(夜のめぐり逢い)

石原裕次郎さんと八代亜紀さんのデュエット曲です。 裕ちゃんは10人位の女性とデュエット曲を出していますね。その多くがヒットし、夜のネオン街でおじさん達の愛唱歌にもなっています(笑)私ですか?私はシャイで硬派でしたので(嘘つき!)音痴なので皆さんの知らない、マイナーな曲で誤魔化しました(汗)代表曲は、銀座の恋の物語・夕陽の丘・赤いグラス・恋の町札幌・泣かせるぜ・逢えるじゃないかまたあした     東...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(隅田川慕情)

東京上野に実在する、レコード店を営む夫婦が作った夫婦演歌です。唄うのは作曲家で歌手の岡千秋さんです!(この隅田川慕情が出来るまでの、本物のエピソードです。→GO!)岡千秋さんの歌と言ってすぐに解る方は、とても演歌好きの方とお見受けいたします(笑)作曲家でありながら現役の演歌歌手である岡千秋さんは、多くの作曲家の中でも、私の中では徳久広司氏と並ん2トップです。(巷では画像のパクリで騒いでます。私も合...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の2(そんな夕子にほれました)

元大関、増位山 太志郎。2013年11月場所後相撲協会を定年退職、それからは歌手として再出発しています。その増位山 太志郎が始めてレコード出したのが、1972年。そして最初のヒット曲が2年後のこの歌です。この歌の歌詞は、初代林家三平の妻・海老名香葉子さんが作詞した事でも有名ですね。 (この画の女性も前作と同じ、フリー素材アイドル「MIKA ☆ RIKA」のモデルさんです。)                       ...

続きを読む