歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「あなたひとすじ」

「ふたり酒」や「二輪草」の大ヒット曲は有名ですが、この歌はあまりヒットしていないですね(汗)どっちにしても彼女の歌は、どろどろした憎愛の歌ではなく、夫婦で励ましあう様な歌が多く好感がもてます。この歌も、好きな人を慕って行く歌なのですが、悲壮感は感じられません。それにしても、これだけ惚れられていたら、迷う事など無いはずなのにネ。(笑)24回も紅白出場の経験がある演歌歌手の川中美幸さん26年前の歌です...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「さよならさざんか」

この歌は、必殺仕事人シリーズの「必殺仕事人V」のエンディング曲です。テレビ時代劇シリーズの「必殺シリーズ」はチョッと調べただけで31シリーズありました。だからこそ、その主題歌・挿入歌の数も大変多く、ヒット曲も多くあります。ただこれらの楽曲は、必殺のイメージがあるだけに作画のイメージが難しいですね(ノ_<)この「さよならさざんか」は、以前に作成し投稿した「旅愁」と並んで大好きな曲です。歌っている歌手の藤...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「うぬぼれ」

この歌を歌っているのは、アフリカ系アメリカ人の日本演歌歌手と言う事で、驚きもし期待もしています。日本人の演歌離れが進んでいる昨今、日本人歌手にももっと頑張って欲しいと思います。さて、今回の歌の情景は聴く人聴く人によって、それぞれの経験から違う場面を思い浮かべると思います。このような歌詩の画を作るのは難しいのです。今回は全くのイメージのみで作った画像です。       アメリカ・ペンシルベニア州ピッ...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「夜桜」

何だかこの歌詞絵も、毎度の歌詞絵と変わりばえのないものになってますね(汗)良く考えてみれば、男と女の物語を歌った演歌は背景こそ違え、どれも同じようなパターンです。どうやら無料写真素材を集める事に夢中になり、画の内容がお座なりになっているようです。次回からはもう少しイメージを膨らませるよう、考えましょう。       山川豊さんの25年前の今日?つまり1992年2月19日発売の歌です。       1992年...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「蒼い糸」

この歌は角川博さんの歌です、彼に女心を歌わせたら、右に出る者はいないと言われる演歌歌手です。まさに歌手と言うより、歌い手という言葉がぴったりくる人だ。と言う記事を読んだことがあります。自分のためではなく、聴き手のために歌うのがプロ。と言う彼の歌の歌詞絵はやはり難しいです。この手を繋ぐ写真は、なんの歌だったかは忘れましたが・・カラオケのモニター映像を写真に撮ったものです(汗)       この「蒼い...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「それが男というものさ」

私がこの歌を聞いた時、どこかで聞いたメロディーだなぁと思いました?  そして・・あぁ、あの歌かと思い出したその歌は。昭和12年 上原敏さんが歌った「流沙の護り」と言う歌でした。 今回の歌はこの歌の替え歌でした。もちろん、私は生まれていません(笑) 親が口ずさんでいたのが耳に残っていたのでしょう.懐かしいメロディーでした。しかし、この歌詞のイメージ画となると、どんな情景か難しかったです。      ...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「ひこうき雲」

この歌は、ジブリ映画「風立ちぬ」の主題歌に、以前からあったこの歌が起用されたものです。先にあったこの歌が、後から出来たこの映画にピッタリだったのは、奇遇でもありますね。今回は映画の内容を考えずに、この歌の歌詞だけで想像したら、こんな画になってしまいました。夕焼け染まった飛行機雲の写真を撮ってありましたので、青空より雰囲気あるかと夕焼け空と合成してみました。       松任谷 由実(愛称ユーミン)...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「別れ雪」

深々と降る雪は、別れの際の場面としては最高の情景・雰囲気なのでしょうね。別れ雪の題名の歌も多いです。前作の山川豊さんの歌の「わかれ雪」は、何かの理由で一時的に別れる、切ない心情を歌っていますが、この「別れ雪」は、未練を残しながらも、永久に分かれる男ごころの歌です。前作の場面は駅のホーム・列車なのですが、この歌の場面は港・船での別れです。・・・切ないですなぁ。       この歌、何かのメロディーに...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「わかれ雪」

「わかれ雪」と言う雪の意味がわからないと、イメージも沸きづらいので意味を調べてみました。「別れ雪 意味」で検索すると、俳句の季語になっている、春になって最後に降る雪のことを言うらしい。で、この歌の歌詞を重ねてみると、・・冬の始まり-出稼ぎ?-別れの時・・・春になって最後の雪じゃ無い。わかれ雪と歌詞の関係には深い意味は無く、別れの際に降っている寂しい雪で、情景への装飾かと・・。            ...

続きを読む

歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「おんなの夢」

女心を歌ったらピカイチの彼女は、多くの女歌のヒット曲を持っています。その中でもこの歌は、ヒットチャート3位で彼女にとっては最高位の歌です。で・・・色々たくさん歌詞絵も作りたいのですが、心の中の歌と言うものは情景作りが難しくて・・。今回も、毎度同じようなこんな画になってしまいました。(汗)       今から41年前、八代亜紀さんが25歳の時の発売された歌です。       私の好きな軽快なリズムの演歌...

続きを読む