歌イメージ合成写真 第2章 (あんた)

さて?何年前からの歌を懐メロと呼んで良いのでしょうか?
近頃の歌は、発売数日でヒットし数ヶ月で消えてゆく歌も多い気がします。
昔の歌謡曲、特に演歌系の歌などは1年2年かけて広まりピット曲となり長~い年月歌われましたね。

さて、この「あんた」と言う歌は懐メロとは違って新しい歌です。と言っても発売は2年前(汗)
軽快なメロディーとストレートな歌詞の言わば「おのろけソング」です。
最近あまり耳にしない曲の為か、珍しく発売後すぐに有線放送の歌謡曲演歌部門でトップになったそうです。

あんた

歌っているのは、若くて可愛くて元気な子・・・・ではありません。
3年前、55歳でメジャーデビューした「紅晴美」と言う、デブッチョな可愛いオバサンです(失礼)
しかし、このオバサン作詞・作曲・歌手を一人でこなしている才女でもあります。
覚えやすく・歌いやすく楽しい歌ですよ。



こんな歌詞ですので・・情景・背景がまったくイメージに沸きません。
合成加工のメーンはやはり個々の人物を組み合わせる事でした。また背景の柄は家にあった着物の帯を利用・・。





蛇足 :さてさて、今回登場の3人目の女性は、実は出演拒否されてしいました(汗)
    ただし顔を変え、体形を変え、服装を変えれば出しても良いとか・・(完全に別人仕立てかい)
    こんな、無理難題の条件出す人は、私より目上ご婦人で・・・後は言わぬが花!(わっはははっ!汗)











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する