トノサマバッタ

殿様バッタという名前のように、がっしりとした体格で日本のバッタの仲間では大型のバッタです。
若齢幼虫期の周辺環境に合わせて体の色が緑色型や褐色型に変わるといいます。

ススキ・イネ科の植物が生えている広い空き地などに多くいますが、ボギ里では広い場所が少なくなりました。

トノサマバッタ1

トノサマバッタ2

このバッタは高い飛翔力を持つうえに、人の気配に敏感で近よるのはけっこうむずかしいのですよ。
今回は運動を兼ねての撮影なので、バッタが逃げては追いかけ、逃げては着地地点に駆けつけ、また逃げられて
バッタとの根競べをしました。 そしてバッタが「すきにして」とあきらめた時、撮影しました(笑)

トノサマバッタ3

トノサマバッタ4








スポンサーサイト
Theme: 昆虫の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する