ヤマトシジミ

きのう、ウラナミシジミさんがおいらの事を話していたようだけど、
おいらがヤマトシジミだよ。ウラナミさんより少し小さいんだ。

ヤマトシジミ蝶1

おいらはオスだ。なんで?オスかって。羽を開いたとき羽の表がこんな水色をしているからさ。
メスはほぼ黒っぽいんだ、自然界ではほとんどメスの方が地味なのさ。

ヤマトシジミ蝶2

子供たちはカタバミの草が大好きで、カタバミさえあれば生きてゆける。
カタバミもとても生命力が強いので、おいら達は都市部でも楽に生活できる、だからとても数が多いんだよ。
ただ・・・あまりに普通で、小さくて、チラチラ地表近くを飛んでいるので目立たない存在なのさ。

ヤマトシジミ蝶3








スポンサーサイト
Theme: 蝶の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する