歌イメージ合成加工写真・第2章 (じょんがら恋歌)

みちのくの町や野や海は今日も吹雪いているようですね。

昨日の記事で、じょんがらと名の付く歌はたくさんあると書きましたが、
まったく同じ題名の歌もあります。この歌もザッと検索しただけで同名の曲が3曲ありました。
その中でも好きなこの歌(じょんがら恋歌)のイメージ画像を作ってみました。

じょんがら恋歌
この加工は前回とほぼ同じですが、私の撮った着物姿の女性が寒そうなのでコートを合成で着せました(笑)
津軽三味線を弾いているのは、鎮魂の祈りをバチ音に込め学校を巡っている白井勝文さんです。(参考


この歌は今、川野夏美さんが歌っていますが、15年前位?には村上幸子さんが歌ってましたね。




蛇足: 津軽じょんがら節は、城主の墓所を守る為、津軽為信によって迫害を受けた常縁和尚が、
    浅瀬石川の上河原で身投げてしまった。
    その御霊を供養する為に村人達が歌った唄が上河原節なのです。
    この上河原節がじょんがら節と言われるようになりました。 
    つまり津軽じょんがら節は供養の曲なのだと言う事です。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する