歌イメージ加工合成写真 番外編 (鐘の鳴る丘)

この歌は、昭和22年(1947)に始まった、NHKラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌『とんがり帽子』です。
歌のタイトルが、『鐘の鳴る丘』なのか『とんがり帽子』なのかは私にはわかりません。

鐘の鳴る丘

戦争が終わり、空襲で家も親も失った「戦災孤児」たちが街にあふていた時代、
孤児たちと力を合わせて信州の田舎に「少年の家」を作り、共同生活を始める・・。
という内容の物語だと聞いています。
当時大人も子供も、このドラマによって明日への希望を育てたといわれています。

            

蛇足:私が写真を始める前、パソコンで描く絵が楽しくて、その時もこの歌を題材にしてイラストを描きました。
   今回もその時と同じ構図で写真合成してみました。(子供たちはイラストです)
   
   動画サイトでのこの歌には・・・・私が、昔描いた絵が使われている!!(まぁ、いいか) 







スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

ヲアニーさん>
年を取ると涙腺が緩んできて・・・同じですよ。(笑)
歌の力ってすごいです。一瞬でその時代に戻れますものね。
そして、良い歌は永遠に不滅だと言うことも、しみじみ感じます。

2~3曲こんな唱歌系を掲載するつもりです。
どれも懐かしい、古き良き時代の唱歌です。
ご期待おば(笑)

2013/04/13 (Sat) 22:29 | ボギパパ #- | URL | 編集

この歌も、菊田一夫と古関裕而の昭和の名曲の一つですね。
「鐘の鳴る丘」でもいいし、「とんがり帽子」でもどちらでもいいですね、とにかく、いい歌はいいのだから。
年を取ると涙腺が緩んできて、この歌を歌ったり聞いていると、胸が熱くなります。
特に4番の歌詞の、「・・・昨日に勝る今日よりも 明日はもっと 幸せに・・・」の歌詞は泣かせます。

川田正子は、他にも「みかんの花咲く丘」「蛙の笛」「夢のお馬車」など、琴線に響く歌をたくさん歌いました。
法興寺に「蛙の笛」「里の秋」の碑が建っていますね。
ぽせいどんさんに案内していただいたことを思い出しました。

2013/04/13 (Sat) 19:43 | ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する