歌イメージ加工合成写真 番外編 (蛙の笛)

ボギ里では田植えも始まりました。水の張られた田んぼではカエルの鳴き声が響いています。
今回の歌は、ボギ里近郊にあるこの童謡の歌碑から選びました。

蛙の笛

この曲は2300曲にのぼる作曲をした、長野市松代町の出身の海沼実氏が
奥さんの実家であるボギ里から少し離れた田舎に疎開していたとき
故郷の信州松代を偲んで、作曲したのが「里の秋」とこの「蛙の笛」だと言われています。

            

この動画で歌を歌っているのは、この歌の碑がある地元お子供たちです。
どこぞの有名な合唱団ではなく、田舎の子供達の歌、一生懸命歌っています、素朴で良いですね。


蛇足:このカエルの笛の正体はニホンアマカエルではなくて、シュレーゲルアオガエルだと言われています。
   鳴き声がニホンアマガエルよりも小さくて高く、「コロロ・コロロ…」と聞こえるからです。

   ちなみに、名前は洋名ですが、日本の固有種のカエルです。
   田んぼには普通にいっぱいいる・・・いたのですが、水田の区画整理等で土の畔がなくなり
   個体数は減ってるそうです。









スポンサーサイト

コメント

理恵さんへ
住職の奥様はわからないといっていましたか。
私が聞いた方は誰だったのでしょうか?(笑)
孫娘の喘息の具合が良いので、亀*病院に
行く機会が少なく、このお寺には今年一回しか
行っていませんです。

2013/05/03 (Fri) 16:33 | ボギパパ #- | URL | 編集

こんにちわ
私もお寺の御住職の奥様に聞きましたが、名前はわからないという答えでした。
奥様は一人娘で御住職のお婿さんをもらいお寺を継ぎました。お父さんは中学の社会の先生でした。私も旦那も教わりました。
今度、観察したいです。

2013/05/03 (Fri) 13:12 | 理恵 #GImCmMnM | URL | 編集
Re: タイトルなし

理恵さんこんばんは、
お仕事のほうは大丈夫ですか、いつも大変そうで
お体を大切にして下さいね。

あのお寺さんの鐘付き堂の側にあった木ですね
チャンチンで調べてみて見ましたら。
間違いなさそうですね。
お寺の方に聞いた時も、変わった名で
覚えずらかった気がしました。
来年は葉の色の、変わる様子を撮ってください。

2013/04/30 (Tue) 22:28 | ボギパパ #- | URL | 編集

こんにちわ
ご無沙汰していますが、お元気ですか?
かなり前の話ですが、鴨川市のえいめい寺(kクリニックの近くのお寺です)でみた葉が赤色から緑色に変わる面白い木がありました。3月に見たときは赤色でしたが、最近見たら葉は緑色でした。、間違いでしたら、すいませんがチャンチンでは?最近。そんな名前の木にネットで会いました。

2013/04/29 (Mon) 17:39 | 理恵 #GImCmMnM | URL | 編集

ヲアニーさん>
連ちゃんのコメントありがとうございます。
耕地整理や何やらで、一時カエルや虫たち
そうそう雀も少なくなったとか?
このシュレーゲルアオガエルはこの時期
山から田んぼに下りてきて、田んぼで産卵する
そうですが、この卵を狸やハクビシンが狙います
有機農法で手間隙かけて、回復させた自然を
鳥獣保護で又壊しています。
永遠の追いかけっこですね。それが自然ですか。

2013/04/16 (Tue) 07:37 | ボギパパ #vicmBoqw | URL | 編集

いやぁ、感動しましたよ!!
いっぺんの曇りもない子どもたちのきれいな歌声は、いいですね。
私が子どものころも、こんな感じで歌っていたのでしょうか(笑)
我が家の周辺は田植えはまだこれからで、5月になったらカエルの歌声が聞こえてきます。
田んぼも圃場整備されて、水路もコンクリ護岸になってしまい、魚もすめなくなりました。
巻き貝のニラやタニシを取って、祖母が煮たり味噌汁にして食べさせてくれたのですが、今は遠い昔となりました。

2013/04/15 (Mon) 20:57 | ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する