歌イメージ加工合成写真・第2章 (お月さん今晩は)

この時代の歌謡曲は、マドロス(港)ものとふるさと演歌が多かったと言うことで、

このコーナーでも取りあげたい歌が山ほどあります。(無いのは私の才能と写真・・汗)

そんな中でもこの歌は、東京へ行ってしまった恋人や家族をふるさとで偲んだ歌で親しまれたとか。

お月さん今晩は

この歌は昭和32年の 藤島 桓夫さんのヒット曲です。
鼻から頭の先に抜けるような独特な歌声も懐かしく良いのですが、
今回は私の大好きな若手女性歌手の 森山愛子さんが歌っている動画が有りましたので、こちらをお聞きください。

            









スポンサーサイト

コメント

ヲアニーさん、こんばんは
ヲアニーさんならこの歌は絶対気に入ると思って
ましたよ(笑)
当時はみんな都会へ憧れていましたからね。
私は今も昔も都会は苦手ですが・・・(笑)

この当時のマドロスもの、港ものですか。
いっぱい有りますね。
「さよなら港」「かえりの港」「始めて来た港」
みんな藤島 桓夫さんのヒット曲です。
急遽、何か一曲作って見ますか。一日お暇をば。

2013/06/22 (Sat) 21:41 | ボギパパ #vicmBoqw | URL | 編集

またまた好きな歌をUPいただきありがとうございます(笑)
「お月さん今晩は」は、「ああ上野駅」「南国土佐を後にして」などと違い、
田舎から東京へ行ってしまった人をしのぶ歌ですが、この歌と逆の生活をしていた私も、
この歌は東京で身に沁みましたね~。
東京にいて、故郷ののどかな風景が浮かんできました。
青木光一の「早く帰ってコ」と同じですね。

山陰の藤山一郎か霧島昇と言われている私も(笑)、実はこの歌は、
好きではありますが、歌うのは難関の歌です。
メロディがゆっくりなだけに、こぶしを利かせるのが難しいですね~。
「可愛いあの娘は おらを見捨てて 都へ行っちゃた~~」と、
「りんご畑の お月さん今晩は」の行が特に難所ですね(笑)
ちなみに、藤島桓夫の奥さんは、鳥取の人だと父から聞いたことがあります。
(間違っていたらごめんなさい。)

次のマドロス物も期待しています。

2013/06/21 (Fri) 18:54 | ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する