十五夜 合成写真

昨晩は十五夜でしたね。十五夜と満月が重なる日は少ないのだとか(私は十五夜=満月と思ってました(汗))

満月の写真は何度も撮っていますので、今年は前景にススキを入れて十五夜を写真に撮ろう・・・と挑戦

結果!見事に・・・失敗。未熟さを思い知らされました。
十五夜失敗作

そこで!私にできることは・・と、満月とススキを合成する事にしました。

この合成写真に書いた俳句の作者は、芭蕉とほぼ同じ時代の江戸時代前期の俳人、田捨女(でんすてじょ)です。

田捨女は知らなくても、田捨女この句「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」は有名ですよね。

15夜合成

「いつかいつか いつかと待ちし けふの月 」この句は「けふの月」を尋ねるクイズになっていると言います。

いつかいつかと待つ気持ちの「いつか」は「五日」に掛かっていて。その「いつか」が3回、五日×3回=15

つまり、けふ(今日)の月は……十五夜。と言う事だそうです。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する