歌イメージ加工合成写真 番外編(まんが日本昔ばなし)

蓮福寺と言うお寺にある、この総天然色(古っ!)の龍の彫刻を見た時すぐにこの歌が浮かびました。

画像加工ソフトの遠近・傾き補正の機能を使って、下から撮った写真を平面に修正してからの作業です。

この彫刻の龍は色がきれいなので実際の彩色のまま使用しています。

龍に乗る男の子は、孫の古い絵本から浦島太郎の絵を写真に撮って貼り付けました。

日本むかし話♪

「まんが日本昔ばなし」は38年前の昭和50年に放送が始まったアニメで、
この歌を歌っている歌手は、・・・正直知らない歌手です(汗)
1・2番の歌はよく聞くのですが、3~5番まではなかなか聞けませんでしたね。今回ごゆっくりどうぞ。

              



蛇足>>
江戸時代の宮彫師の武志伊八郎信由。通称「波の伊八」は、波を彫らしたら天下一と言われ、
「関東に行ったら波を彫るな」とも言わしめた人物だそうです。
伊八はボギ里近郊の鴨川出身で、房総を中心に神社や寺院の欄間彫刻などに秀れた作品を残しました。
また、ボギ里隣町の「行元寺」に残る「波に宝珠」の欄間彫刻は、葛飾北斎が「冨嶽三十六景」の
「神奈川沖浪裏」の波を描く際の手本にしたとか、パクッたとか(笑)の話は有名です。

ただ、この蓮福寺のカラーの龍は、「波の伊八」本人の作ではなく、系列の誰かの作だそうです。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する