歌イメージ加工合成写真 第三章(アリューシャン小唄)

この歌は私が何時どこで覚えたのか、なぜ知っているのか、記憶にありません(汗)

48年前の第16回NHK紅白歌合戦で、三沢あけみさんが歌っているので、たぶんその頃だったのでしょう。

悲しい気持ちを、明るく楽しいメロディーに乗せたこの曲は、海を見てると自然と口ずさむ歌です。

アリューシャン小唄♪
*風景は地元の海をそれっぽく加工しましたが、納沙布岬の灯台の画像が無かったのでイラストに描き貼り付けました。


この曲も、多くの歌手によってカバーされていますが、今回は永井江利子さんのカバーです。
この歌はカバーする歌手によってそれぞれ歌詞と旋律が若干違っていますね。

              


蛇足》
   アリューシャン列島とはアラスカからロシアのカムチャッカ半島に至る島々のことを指しますが、
   この歌で表現されるアリューシャンとはおそらく北方領土あるいは千島列島のことではないかと言われてます。








スポンサーサイト

コメント

ヲアニーさん>今晩は、
記事にも書いたのですが、歌手により少しづつ
歌詞が違うんです。
私は、この方の歌う歌詞が好きでして(笑)
こまどり姉妹さんの歌の歌詞には、納沙布岬と
歯舞が入っていますね。
そのイメージで、納沙布灯台を書き込んだんです

ハバロフスク小唄も好きなんですが、画にすると
抑留地のイメージしか湧かなくて・・・画的に・
どうも・・・描けません(汗)

2013/12/25 (Wed) 21:59 | ボギパパ #vicmBoqw | URL | 編集

おやおや、これはまた珍しい歌を。
懐メロ大好きな私も、何かフェイントをかけられたような気持ちです(笑)
アリューシャン列島は、確かにカムチャツカからアメリカのアラスカまで延びる列島ですが、私も北方領土を連想してしまいます。
三沢あけみが歌ったのしか聞いたことないですが、調べてみたら他の歌手も歌っているのですね。
こまどり姉妹も歌っていたとは知りませんでした。
シベリアに抑留された人の、故郷への思いを歌った「ハバロフスク小唄」も思い出しました。

2013/12/25 (Wed) 17:56 | ヲアニー #0iyVDi8M | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する