冬の水鳥 「ハシビロカモ」

干潟から川を遡って行くと、湖沼にたどり着きます。湖沼と言ってもさほど大きなものでは有りません。

それでもそこは冬の水鳥達の楽園となっています。

今回は、その中から面白い採餌行動をする「ハシビロガモ」を撮りました。

ハシビロカモ

ハシビロカモ

クチバシが広い(大きい)からハシビロと言うのですかね?

このカモは、餌を採るとき変わった行動をしますね。十数羽から数十羽が集まってグルグル洗濯機のように回ります。

前回は大きな輪を撮れましたが、今回は小さなグルグル輪しか撮れませんでした。

ハシビロカモ採餌


身を潜めて観察する近くの土手には、野草「ジャノヒゲ」の親分格?の「ノシラン」が綺麗な青色の実を付けていました。

いや!これは実ではなく種だそうです。実は果肉があって中に種があるのですが、この青いのは直接「種」だそうです。

ノシランの種

野鳥の世界も、植物の世界も自然って不思議がいっぱいですね。









スポンサーサイト
Theme: 野鳥の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する