ミサゴの飛ぶ堰

ここはボギ里近郊では、一番大きな堰ではないでしょうか。水が引いて湿原状態になっていました。

この堰に二度来て、二度ともミサゴに遭遇しています。(最初はミサゴをトビと見間違えて写真は・・スルー・・・汗)

二度目しっかり撮れましたが、なにせ見通しの良いおおきな堰の上、相手は流石に目の良い猛禽類。遠くからの撮影です。

堰の堤からそっと頭を出すと居ました。残り少なくなった水場の杭に止まっています。

ミサゴの堰

数枚撮ってから、堤の上に登るとすぐに飛び立ってしまいました。200mくらい離れているのに、すごい視力です。

ミサゴの堰

ミサゴの堰

堰の奥をゆっくり大きく旋回して、更に遠くの杭に留まりました。・・写真はだいぶ大きくトリミングしています。

ミサゴの堰

ミサゴの堰

この時は、超望遠レンズが欲しいと思いました(笑)

余談>
     アメリカ軍の最新鋭輸送機(ティルトローター機>ヘリコプターと飛行機の双方に機能を持つ) の
     愛称オスプレイとは、この猛禽類「ミサゴ」の意味です。
     この輸送機はヘリコプターのように空中でホバリングできます。
     猛禽類ミサゴも、空中にホバリングする事が出来る鳥です。










スポンサーサイト
Theme: 野鳥の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する