不時現象 

生物季節現象が平年と著しくかけ離れた季節に生じること。

つまり、真冬にモンシロチョウが飛ん だり、秋にサクラが咲いたりする事などを、「不時(ふじ)現象」と呼んでいますね。

この場所では、毎年モミジの紅葉とともに桜が咲いています。

不時現象モミジと桜

更に今年はこの場所から5m程離れた所に、なんと梅の花も咲いていました。

不時現象 梅

この一区画だけに、秋のモミジと早春の梅と春の桜の花が一度に咲いていました。

不時現象 桜

不時現象 モミジと桜

蛇足的豆知識>
           どのくらい季節が外れると不時現象と言われるようになるかは、
           「各気象台において、もっとも早い観測 日より概ね1カ月早く、最も遅い観測日より概ね1カ月遅いことを
           1つの目安にする。」
           という 指針があります。







スポンサーサイト
Theme: 紅葉 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する