南房総早春たより

房総半島の北半分は、成田空港・TDL・幕張メッセ・工業地帯等々と大都会化している反面、
南半分は、ただ都会に近い大自然がいっぱいの地域と言われるだけの、若者の仕事場も楽しむ場所も施設も何も無い地域。
自然が大好きな人(都会に住めない)以外は住んでもつまらない土地で(汗)、だんだん人口も減少している田舎です。

そんな南房総の春を待つ早春をリポートしました。

太平洋の黒潮おどる海岸線の春は早いです。菜の花はすでに満開です。
umitonabn.jpg

早咲きの河津桜も咲き始めています。(今年はチョッと遅いのかも?)
ukwtskr1502.jpg

ミツバチやハナアブの昆虫達も、花の香りに誘われて動き出しています。
umetoabu.jpg

田んぼなどの水溜りには、カエルの卵塊が、孵化を待っていました。
uranki.jpg

 
今日は、自虐的なことを書きましたが、実は騒がしい都会には馴染めないボギパパは
      こんな田舎の南房総が大好きなのですよ(笑)












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する