砂・その正体は?

海岸の砂は、ボギ里の海岸にある砂です。
         この砂の多くは、近くの山から川の流れで運ばれてきたもので、岩や石が細かく砕けて出来た粒です。
         白ぽい砂は、石英や長石の鉱物が砕けたものです。
         また、黒っぽい砂は玄武岩や泥岩などの岩が砕けたものです。

砂

砂

他にも南の島などでは、サンゴや貝殻が砕けて出来たものもあります。下の写真はまだ砂になってない貝殻ですね。

砂

更には、深い海などでは、プランクトンの殻から出来ているものもあります。

つまり砂とは。直径が 0.063mm ~ 2mm の小さな粒で、それが何から出来ているかは、関係ないのです。







スポンサーサイト
Theme: 海のある風景 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する