セミ撮り

老眼の私にとってセミ撮りで難しいのは、まず見つける事から始まります。声はすれども姿は見えずなのです。

発見したら次に難しいのは接近です。気配を感じるとセミはすぐ逃げます。

そして撮影ですが、セミは木々の隙間や薄暗いところに居るのが多いので、アングルが注文どおりにまいりません。

逆光になる事も多いです。まあこれはこれで良いのですが。
ツクツクホウシ

このツクツクホウシは、変わった止まり方をしてました。ツクツクホウシ

なかには、このツクツクホウシのように、どうしてのか?20cm位まで近づいても逃げませんでした。
ツクツクホウシ


ボギ里でニイニイゼミの次に多いのが、このアブラゼミでしょうか。 田舎の家の庭の杭にも抜け殻がありました。
アブラゼミ

アブラゼミ抜け殻


蛇足: 
  トンボの事を英語でdragonfly (ドラゴンフライ) 飛ぶ龍(笑)と言いますが、
  セミの事を英語ではなんと言うでしょうか?・・・   cicada (シケイダ?)  私には「死刑だ」と聞こえるのですが(汗)










スポンサーサイト
Theme: 昆虫の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する