歌イメージ加工合成写真・第2章の2(花と竜)

今は軟派な変なジジィですが、この歌は硬派(笑)だったその昔に好きだった歌の中の一つです。

昭和27年から読売新聞に連載された、芥川賞作家の火野葦平の長編小説です。その後映画化もされています(下記余談)

もともと任俠とは、仁と義を重んじ、苦しんでいる人を助けるために命をも厭わない、自己犠牲的精神を指すんです。
ヤクザや暴力団とは少し違います。ん~~~・・、広く見れば自衛隊も消防も、男気溢れる任俠の男の仕事かな(笑)

花と竜 ♪
女性と牡丹の花は無料素材から、男性は不肖私め&竜は近くの神社の欄間の彫り物に着色しました。


            昭和歌謡界の中でも豪快な男、村田英雄さんこの歌にピッタリです。
            

            素人さんでしょうか?大勢の方が投稿している中でも抜群です。
            


余談:
  映画では主役である「玉井金五郎」役を、藤田進、石原裕次郎、中村錦之助、高倉健、渡哲也と大御所達が演じています。

  







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する