我輩はキョンである

我輩はキョンである。故郷は中国東部~台湾だ。この名も台湾語の「羌」の発音「キオン」からと言われる。
ボギ里にあった観光施設(2001年閉鎖)から逃げ出し、ボギ里一帯の山野に大繁殖している。

キョン

中国や台湾では、我輩のきめの細かい皮をなめしてセーム革にしたり、脂肪の少ない柔らかい肉は食用とされている。
しかし南房総では誰も我輩を食べず、天敵もいないし我輩の餌である草木の芽も花もふんだんにある。天国なのだ。

キョン

キョン

昨日、テレビのニュースでも放送していたが、住宅団地の中は家庭菜園・花壇・公園の芝生など餌に事欠かないし
団地内と言う事で、人間どもが銃で駆除に来る事も無く安全な場所だ。

キョン

ちなみに、我輩はシカ科ホエジカ属に分類される鹿の仲間である。だから、鳴き声にも特徴がある。
       中型犬程度の大きさと見た目ではあるが、鳴き声は象なみに大きい(笑)
       それも、中年のオヤジが首を絞められて、叫んでいるような、なんとも不気味な鳴き声で夜には聞きたくない。
       そう・・・食害のほかにこんな迷惑もある害獣である。

困った害獣であるが・・・元はと言えば、人間どもが我輩の仲間を勝手に捕まえ、見世物にするため此処に連れて来て
管理不十分で逃げられた事が、始まりなのだ。










スポンサーサイト
Theme: 動物の写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する