歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「俺は待ってるぜ」

この歌の歌詞から想像するシチュエーションには、いろいろありますね。

それだけに、どんなシチュエーションで画を作ればよいか、悩む所でした。

歌詞を素直に聞けば、悲恋のロマンス系ですが、日活で映画化された際はアクション系かサスペンス系の内容でした。

結果・・。代わり映えのしない、お馴染みのシチュエーションです(汗・汗)

俺は待ってるぜ ♪ 合成 

       昭和32年(1957)に発売して大ヒットした石原裕次郎さんの名曲で
       日本で最初にエコーマシンでレコーディングしたのが、この曲との事です。
       

       この曲には3番はありませんが、映画のエンディングで裕次郎さんは3番を歌っています。
       この3番は幻の歌詞ということで、ファンの間では有名です。↓ 聞いてみて下さい。
       

       おまけと言ったら叱られそうですが、若い頃の北島三郎さんが、この歌を歌っている貴重映像です。 
       











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する