クモの巣を張らないクモ

昔・・・ゲームとかおもちゃの何も無かった餓鬼の時代、このクモのを「オット(喧嘩グモ)」と呼んで戦わせ遊んでいた。
今思えば、このクモがハエトリグモの仲間の「オスクロハエトリ」と言うクモだとは知らなかった。

このクモの仲間は第1脚が太く大きくこの両前脚を広げて、ほかの昆虫などを待ち伏せたりして捕らえます。

つまりこのクモは、クモの巣を張って獲物を捕らえるのではなく、徘徊して狩をしているのです。(参考:PSへ)

オスクロハエトリ

また、このクモは正面の大きな目の他に6個、計8個の目を持っていて目も良く前後左右が見えるらしい。 
                               (目の写真を撮ろうとしたが、私の技術装備ではこれで精いいぱいです・汗)

オスクロハエトリ


このほかにも巣を張らないクモが、野山の草むらを探すといます。 アズチグモ(カニグモ科)の仲間がいました。

このクモにはいろんな種類、いろんな色があり、やはり両前脚が大きくこれを使ってほかの昆虫を捕らえます。

アズチグモ

アズチグモ


PS: 家の中にいる、ハエトリクモ等はハエや蚊・ゴキブリの子供を捕って食べてくれる益虫です。
    特に子供の手の平位ある大きなタカアシグモは、大きなゴキブリも捕らえる心強い味方です。
    駆除しないであげましょう(笑)・・・それでなくても最近少なくなったので。










スポンサーサイト
Theme: いろんな写真 | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する