歌イメージ加工合成写真・第2章の3 「男と女・昭和編」

男と女・昭和編 合成 ♪

私としては、チョッと珍しい曲です(笑) でも気に入ればこんな歌も好きになります。
この歌は、明らかに女が男を誘っている歌です(笑)。ただ、今の時代には似つかないですね。
今の時代の男なら最初の一言で、すぐ話しに乗って女を口説くでしょうが、昭和の男は違っていたのですな・・。
昭和の男は、自分を殺して変なカッコウを付けるのが、カッコイと思っていたのです・・わたしもですが(笑)



       1978年の発売、みなみらんぼう氏と井手せつ子さんのデュェット曲です。
       みなみらんぼう氏は、1971年『酔いどれ女の流れ唄』で作詞・作曲家としてデビュー
       後、NHK『みんなのうた』で発表した『山口さんちのツトム君』が大ヒット曲に。
       一方、井出せつ子さんは・・・申し訳ありません・・まったく知りませんでした。
       ただデビュー時のキャッチコピーが「歌うミス平凡」だったとか。(平凡は当時の有名雑誌)
       
      








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する