歌イメージ加工合成写真・番外編   「早春賦」

今時の若い人達に、この歌の歌詞はちょっと古めかしく理解できない言葉もあるでしょうね。
このページの最後に、歌詞の解説をしています。

早い話この歌は、「春だ」と言ってるが、春とは名ばかりでまだまだ「春」は遠いなぁ、と言う意味の歌です。

歌詞には色々の情景があります・・・。それだけに、どんな絵柄が良いのか迷います。

早春賦 合成 ♪


         大好きなさくら・・違った。 倍賞千恵子さんのきれいな歌声でどうぞ。
       

       童謡唱歌の第一人者と言っても良いのでは、芹 洋子さんの清涼感のある歌声です。
       

歌詞内容 解説 愛唱歌歌詞解説より 

春は名のみの 風の寒さや ( 春とは名ばかりの風の寒さよ)
谷の鶯 歌は思へど    ( 谷に住む鶯も、春の歌を歌いたいとは思うが)
時にあらずと 声も立てず ( まだその時ではないと思って、声も立てない)

氷解け去り 葦はつのぐむ ( 氷は解け去り、葦は芽をふくらませる)
さては時ぞと 思ふあやにく( さては、いよいよその時かと思うと、期待に反して)
今日もきのふも 雪の空  ( 今日も 昨日も、雪の空が続く)

春と聞かねば 知らでありしお( 暦で春だと聞いていなければ、知らないでいたのに)
聞けばせかるる 胸の思ひを ( 聞けば つい待ち焦がれてしまう この胸の春を待つ思いを)
いかにせよとの この頃か  ( いったいどう晴らせという、今日この頃の季節の進みのじれったさだろう)









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する