FC2ブログ

南蛮煙管(ナンバンギセル)

やっと見つけました。 ナンバンギセルとは、ススキ、サトウキビ、ミョウガなどの根に寄生する植物です。

花の形が南蛮煙管に似ていることから、この名前がつけられとか。

さほど珍しい植物ではないのですが、見つけるのが大変な花でもあります。

深いススキなどの根元にあって、花が咲くまで姿がほぼ見えなく、開花時期にいきなり花を咲かせます。

ナンバンギセル

ナンバンギセル

ナンバンギセル

ナンバンギセル

ナンバンギセル

ところで、南蛮煙管とは南蛮人と言われた外国の船員がくわえていた「マドロスパイプ」のことで、
日本古来の煙管(キセル)とはちょっと形が違います。

ナンバンギセル











スポンサーサイト
Theme: 季節の花たち | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する